■総合トップ 令和2年度
校長挨拶

北海道知内高等学校 久 保   肇
北海道知内高等学校のホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。
 本校は、昭和26(1951)年に知内村立予備高等学校として開設し、何度かの変遷を経て、昭和28年(1953)年に現在の北海道知内高等学校として開校しました。今年度創立67年目。同窓生は、2905名を数え、町内はもとより全道・全国の各方面で活躍中です。
 さて、4月に、新入生73名を迎え、全校生徒182名でスタートします。新入生が平成16年以来70人を超え、少子化の影響を受けながらも生徒数は微増傾向にあります。知内町、木古内町、福島町、松前町の渡島4町の生徒とその他の渡島・桧山管内の生徒が中心ですが、後志・胆振・石狩・空知からの生徒もここ知内町で学んでいます。平成30年からは、通学区域規則をさらに全国に広げ、在校生には、沖縄・愛知県出身者もいます。広い地域から集まり、様々な価値観を持った生徒と共に学べることも本校の大きな魅力です。また、「総合的な探究の時間」では、1年生の「地域創生学習」で地元の地域の課題に目を向ける。2年生では海外見学旅行(シンガポール)やSDGsを活用した「国際理解教育」でグローバルな視点を身に付ける。3年生では、2年間の学習を活かし、「グローカルな人材」となることを目標にしています。その他、加入率は90%に迫る部活動、町の皆様と一緒に楽しむ知高祭やその他の学校行事も大変盛んな高校です。
 町立の高校として、知内町より様々な支援を受け、今日も知高生は元気に頑張っています。その元気で勢いのある知高生の活躍をこの学校ホームページで随時更新しますので、是非閲覧していただき、応援していただければ幸いです。


Copyright(C)-Hokkaido Shiriuchi High School- All rights Reserved.